主な内容 昭和42年、『週刊現代』上に17回に渡り連載された記事「ニッポン・アフターダーク」の単行本化。著者J・F・モンゴメリは世界各地の特派員としてのキャリアを持つとのことだが詳細は不明。 神戸、岐阜、浜松、横浜、徳島、片山津、名古屋、別府、川崎、大阪、函舘、三朝温泉、仙台、宇和島、岩国、新潟、東京。以上17都市での歓楽街、遊郭跡、赤線跡での体験ルポをエッセイ調で綴っている。 浜松(砂川町)、徳...

主な内容 明治時代の新聞記事から、遊廓・娼妓に関する記事の選り抜きなどを中心とした内容。娼妓渡世契約書、妓楼の大福帳、陰店で用いられていたであろう娼妓の写真など図版多数。タイトルは仙台だが、山形県新庄市馬場町遊廓や岩手県水沢市勝手町遊廓の写真なども収録している。特に水沢遊廓は情報も少なく写真は貴重である。仙台常盤町遊廓の元娼妓8人からの聴き取りを収録している、竹内智恵子『昭和遊女考』と併せて読みた...

主な内容 当著は富山県下新川郡朝日町に存在した泊遊廓(神田新地)についての文献。内容は当時の地元誌抜粋や聴き取りなど。 タイトルに「明治・大正編」とある通り、時期は明治と大正期を中心としている。時期を限定した理由は、情報を得やすい昭和よりも、人の記憶や文献が消滅していこうとしている時代を優先的に纏めた旨、はしがきに書き添えられている。「今だからこそ残すべき情報」をしっかり捉まえた著者の思いが伝わっ...

  主な内容 戦後の雑誌史において、これまで空白地帯だった〝エロ雑誌史〟を総括する決定的な文献。 代表的な戦後のエロ雑誌3000冊にも渡るカタログは見るだけでも楽しく、エロ雑誌に詳しくなくともグイグイと引き込まれる。エロ雑誌の黎明期を支えた立役者、宮坂信(三世社代表)、野田開作(ライター)、高野よしてる(『奇抜雑誌』編集長)へのインタビューなどは、ギリギリのタイミングともいえる2000年...

夜のニッポン探検【A級資料】
★A級 , 体験ルポ / 2015年12月28日

主な内容 昭和42年、『週刊現代』上に17回に渡り連載された記事「ニッポン・アフターダーク」の単行本化。著者J・F・モンゴメリは世界各地の特派員としてのキャリアを持つとのことだが詳細は不明。 神戸、岐阜、浜松、横浜、徳島、片山津、名古屋、別府、川崎、大阪、函舘、三朝温泉、仙台、宇和島、岩国、新潟、東京。以上17都市での歓楽街、遊郭跡、赤線跡での体験ルポをエッセイ調で綴っている。 浜松(砂川町)、徳...

仙台花街繁昌記 遊廓資料として【A級資料】

主な内容 明治時代の新聞記事から、遊廓・娼妓に関する記事の選り抜きなどを中心とした内容。娼妓渡世契約書、妓楼の大福帳、陰店で用いられていたであろう娼妓の写真など図版多数。タイトルは仙台だが、山形県新庄市馬場町遊廓や岩手県水沢市勝手町遊廓の写真なども収録している。特に水沢遊廓は情報も少なく写真は貴重である。仙台常盤町遊廓の元娼妓8人からの聴き取りを収録している、竹内智恵子『昭和遊女考』と併せて読みた...

ぼくだけのストリッパー52人
その他 / 2015年11月28日

主な内容 ストリッパー52人、計96枚のポストカードがセットになっているカードブック。企画はぐるーぷ21。報道写真家の桑原史成が撮影を担当している。裏表紙に田中小実昌の書評あり。監修はいそのえいたろう。撮影協力浅草ロック座。裏表紙の謳い文句に味がある。 書誌情報 題 号:ぼくだけのストリッパー52人 撮 影:桑原史成 発行日:昭和63(1988)年7月30日 判 型:上製本(縦148mm横105m...

置屋物語
エッセイ , ノンフィクション / 2015年11月26日

主な内容 福島民報記者、ラジオ福島報道部長、福島テレビの専務取締役という経歴を持つ橋本與代(大正15年生まれ・橋本余四郎はペンネーム)による、福島県は飯坂温泉にあった花街での覚え書き。橋本は東京都北千住出身、飯坂温泉花街の藝妓置屋の養子となった出自を持つ。思い出語りが中心だが、芸妓や借用書などの写真も多く掲載されている。 書誌情報 題 号:置屋物語 花街を彩った人々 著 者:橋本余四郎 発行日:平...

別冊 内外実話・昭和36年11月号
エロ雑誌 , 実話雑誌 , 雑誌 , 青線 / 2015年11月26日

主な内容 東京の白線(ぱいせん)の相場を掲載した「全東京パイ線相場表」は都内の主要な歓楽街の他、立川羽衣町、新宿千鳥街、川崎南町、山谷カゴヌケ街娼といった具体的な地名の掲載あり。清水正二郎による「東京寝室情報」。 書誌情報 題 号:別冊 内外実話 編集人:井上洋二 発 行:芸文社(東京都中央区銀座西2-5) 発行日:昭和36(1961)年 11月1日 判 型:B5(縦256mm横180mm) 頁 ...

夫婦生活・昭和25年12月号
カストリ雑誌(B6) , 夫婦雑誌 / 2015年11月26日

主な内容 「夫婦の性生活四十八手・大特集」 「夫と妻の性的神経衰弱はどうして治すか?」金子栄寿(慶応大学医学部助教授)他 「引揚げルポタージュ 北満をさまよう七万人の人妻部隊」天池秋五郎(元満州鶴立県公署課長) 「未亡人の性の不満をどう解決したらいいか?」式場隆三郎、神近市子、渋沢秀雄 「阿部お定 第4回」長田幹彦 夫婦草紙:寺本忠雄 書誌情報 題 号:夫婦生活 編集人:白崎秀雄 発 行:夫婦生活...

夫婦生活・昭和25年11月号
カストリ雑誌(B6) , 夫婦雑誌 / 2015年11月26日

主な内容 新宿のストリッパー、ヒロセ元美による手記、「夫を取られた夫たちの打明け話」座談会。この号から編集人が茂木英二から白崎秀雄へ。 「性愛の医学 妻の愛液・夫の愛液」金子栄寿(慶応大学医学部助教授)他 「戦線に咲く花・慰安婦の生態」ドクトル比留麻流 「随筆 プライヴェシーの尊重」金森徳次郎(初代国会図書館館長) 「夫を取られた夫たちの打明け話」 「異常性欲ローカル犯罪実話集」 「手記・私は先夫...

夫婦生活・昭和25年10月号
カストリ雑誌(B6) , 夫婦雑誌 / 2015年11月26日

主な内容 三遊亭円生(6代目)などによる座談会。目次カットは小松崎茂。 「性器と性感」金子栄寿(慶応大学医学部助教授)他 「輪タク屋のポン引きが語る夜の粋客行状記」 「僕の蜜月時代を語る大放談会」三遊亭円生他 「大宅壮一の巡回家庭訪問 阪東亀造はいい亭主」阪東亀造、大宅壮一(聞き手) 「新婚のハンドブック 最初の接吻から床入りまで」大宅壮一 「阿部お定 第2回」長田幹彦 夫婦草紙:寺本忠雄 目次カ...

夫婦生活・昭和25年9月号
カストリ雑誌(B6) , 夫婦雑誌 / 2015年11月26日

主な内容 長田幹彦による阿部定をモデルとした小説、『阿部お定』の開始号。阿部定による言葉あり。 「夫婦の性愛・性感増進の医学」金子栄寿(慶応大学医学部助教授)他 「座談会 性風俗世界遊覧船」 「梅毒より怖ろしい第四性病」田村一(慶応大学医学部教授) 「大宅壮一の巡回家庭訪問 夢声大いに笑い夫婦生活を語る」徳川夢声、大宅壮一(聞き手) 「集団暴力に夫婦が襲われたら?」式場隆三郎、神近市子、渋沢秀雄 ...

静岡の遊廓 二丁町
ドキュメンタリー , 静岡県 / 2015年11月20日

主な内容 二丁町遊廓の娼妓だった女性を叔母を持つ著者が綴る。元娼妓の叔母の半生を辿ろうとしたことがきっかけとなり、近所に住む元娼妓だったの老女や、二丁町の昔日を知る人物への聴き取りなどから二丁町を紐解く上質なドキュメンタリー。 どういった訳か、静岡県(特に静岡市)における戦後の赤線の状況を記した文献は少ない。当著にはかつて進駐軍性慰安施設として使われていたアパートの写真や、赤線の状況も。戦後は二丁...